スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檄考、無走-8-L'Imperatrice

※連載SSの第二部8話目になります。

サブタイトルは"女帝"。

毎度恒例、白魔型考案者の東雲様のお宅より数名お借りしています。



























ある人はこう語った。
彼女の行為は神の行為だと。

ある人はこう語った。
彼女は虐殺をしているのではないと。

ある人はこう語った。
彼女こそが虐殺(ルール)だと。

だから彼女は女帝だった。


















―――そこで、話はお開きになった。






自分の話をされている間中沈黙を守っていた李狐。
…彼女が突如部屋から駈け出し逃走した事によってだった。



耐えきれなくなったのか、真相は解らない。
それを追っていったのは、ユウキでは無く、ツバサだった。


過去、と一言で言ってしまえば思う事は皆様々だろう。
思い出したくない事も、思い出したいものがあるものも居るだろう。







だが、李狐は違う。


李狐には…あの事故以降の記憶しか無い。
それはあの事故以前の記憶が無いと言う事であり。
事故の事も覚えていない。
それどころか、倒れていた事も、全て。






良く人間で言われる"記憶喪失"と似てはいるが、
彼女の場合、何があったのかは解らないが、




"自分で記憶を削除している。"




ツバサが追っていったのを見ていた松本は、
ユウキを横眼で見る。
彼は、動く様子が無い。








「行かなくて良いんですか?」

そう聴いても首を横に振る。
「…っあなたは…あの子のマスターでしょう!?」




思わず、声を荒げてしまった。
それでもユウキは動かない。


「…それでなくても、大勢の前で話す事でしたか?」


先程より幾分か、声を抑え言う、
それでもユウキは動かない。
そのまま確りと松本を見つめ彼は言った。



「"Holo¢aust"を知る者は、どんな形であれ危険。
そう聞いている。
その危険性を伝えるために皆の前で話した。
彼女には悪いと思う。
しかし僕が話さない事で、今回以上の被害が出たらどうする?」



責任は取れるの?



まるでそう言いたそうな視線で。

責める様に、松本を見つめる。

…そんな視線、今まで一度も、見た事のなかったもので。
一瞬、気持ちが揺らぐ。



「それに」


それを見てとってか、
彼はその視線を弱めて、








「…真逆の人間が行って、何の慰めになるの?」



確かにそう言った。
殆ど声にはならなかったが、彼は確かにそう言った。
空気の様な掠れた声をそのままに彼は繋げる。



「泣いて笑って、忘れる事が出来るのが人間…ね。
じゃあ、泣けない、忘れられない、
僕はなんなんだろうね?」

泣きそうなほどに掠れた声で。
笑顔のままに彼は呟いた。




「僕の命は、何時か記憶のメモリオーバーで落ちてしまうのだと思っていた。
でもそんな事は無く、今の今まで普通に生存して居る。
僕は生まれた時から死ぬ為に生まれてきたと思ってならなかった。
例えば朝上った陽は夜に食い殺される様に。
でも、それでもまだ僕は生きている。
僕が機械なら、容量オーバーできっと壊れているだろう。
それくらいの記憶を、どうしようも無いままに全て記憶してきた。
物心がついた時、なんてよく言うが、
そんなものついた覚えが無い、生まれた時から全て覚えている。
丸々、27年の記憶が詰まっている。
それでもまだ僕は生きている―――」






―――其処は、踏み込んで良い所なのだろうか。
思案を巡らせる。
彼の記憶は、常に鮮明だ。
時間から、距離から、話した言葉から、全てが全て、一言一句。
その、理由。



忘れられない人間と、忘れた神姫。



それを言の葉に乗せようとするより前に、



その彼が、口を開いた。



「…聴かなきゃいけない事は、まだ残ってるよね。」





一瞬悲しく伏せた瞳が、
一瞬鋭く。
しかしまた笑顔の様に細くなり、前を…
アキラを、捉える。


「…っ、」

「お前は知ってるんだろ?
…あの神姫は、何故此処に来た?」

声色は優しい春風。
言葉は激しい嵐を思わせる、その声で。


鋭く彼は、彼女を追い詰めた。




next...
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

もに

Author:もに
--------------------------
中身:もに。
(。←あっても無くても良いか)

趣向:
武装神姫
ドール(オビツ、MSD)
トリックスター-0-(MMORPG)
Figma
その他固定フィギュア
その他ゲーム色々。
最近はiPhoneで拡散性ミリオンアーサーというゲームをやっています。
--------------------------
はじめに。
--------------------------
うちのこ紹介
--------------------------
超勝手個人企画
--------------------------
トリスタ自キャラ
トリスタ所属ギルド
--------------------------

呟いた
リンク
カテゴリー
トリスタカウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。